メジャー リーグ 野球殿堂 ジーター

今年(2020年)のメジャーリーグの野球殿堂入りが決まりました。

大方の予想通り、デレク・ジーター です。

満票は逃しましたが(一人は入れなかった?らしい)当然の結果で殿堂入り。

なんと、2020年1月21日に殿堂入り資格1年目にして得票率99.75%でアメリカ野球殿堂入りを果たしたということです。

3000本安打や5度のワールドシリーズ制覇など記録、人気、人物全く非の打ちどころが無く 選ばれて当然かと思います。

此れに反し、ホームラン歴代一位 762本始め数々の記録を持つバリー・ボンズ(写真左)。

サイヤング賞7回350勝超えの途轍もない記録保持者のロジャー・クレメンス(写真右)は、今年も選ばれませんでした(60%以上は取りましたが)。

やはり共に薬物などのルール違反や疑惑の影響としか思えません。

どんなに立派な成績でもルール違反では 殿堂の名誉を受けられない。

この辺りの判断は明確なのだと感じます。

成績以上に、人格・品位を求める点は 殿堂の意味と感じます

さて、イチローさん 次は。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする