小川粘投も、初物に弱く攻めきれずで敗戦

4/9 読売ジャイアンツ対ヤクルトスワローズ 試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ヤクルト 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 6 0
巨人 1 0 0 1 0 0 0 0 0 1X 3 9 1

バッテリー

ヤクルト 小川泰弘、H田口麗斗、H大西広樹、H石山泰稚、梅野雄吾 – 古賀優大、松本直樹
巨人 シューメーカー、H高梨雄平、H鍬原拓也、大勢 – 大城卓三

塩見2号2022/04/09 出典ヤクルト公式サイト

4月9日  対 読売ジャイアンツ

ジャイアンツ先発は、初登板のシューメーカー投手

マット・シューメーカー

初物苦手が出た感じで、なかなか攻略できませんでした。

完全にスプリット投手です。

制球ができていることもあり捕まえきれませんでした。

ランナーを置くと制球が落ち、フィールデイングも問題ありそうでしたから、少し小技で揺さぶる試みもあってもよかったかもしれません。

後半、スプリットの落ちや乱れが多くなったことを考えると、早打ちはちょっと疑問でした。

ヤクルト先発小川泰弘投手

小川泰弘

立ち上がりアップアップでかなり心許ない感じでした。

内角をしっかり攻めきれず、前2戦同様の感じでどこまで持つか心配で見ていました。

バックの好プレーに支えられ序盤を切り抜けたので、何とか6回まで持った感じです。

まあ前回2戦よりはマシというか、粘って投げ切ったと思います。

小川6回2失点の好投2022/04/09

ベストにはまだ遠い感じですが。。。6回2失点ですから、責任は果たしたかと思います。

回跨ぎで2イニングを投げた大西広樹投手は粘りを見せた感じです。

大西広樹

前日アクシデントの石山泰稚投手ですが、問題なさそうな好投でまずは良かったと。

石山泰稚投手

大西、石山投手にはホールドが付きました。

梅野雄吾投手。

梅野雄吾

ちょっと慎重さに欠けた感じで、痛い一発を与えました。

先頭の好打者坂本選手を簡単に1球でアウトにしてホッとしたかと思います。

その先の岡本選手は意識したでしょうが、正直立岡選手には無警戒の感じでした。

簡単に初球ストレート、これが高めに抜けて棒球になり、これをしっかり捉えられてしまいました。

奥底での油断とも感じる内容でした。

それなりに痛い目に会ってきている事が生かされていない感じで、これを最後にしたいところです。

打線あまりぱっとしません。

前試合休んで1番復帰の塩見泰隆選手は、1,2,3で振った結果が1回初球をホームラン。

何と今季新しくリニューアルされたバックスクリーンに当て、100万円をゲットしたようです。

塩見2号

ビジターにも出してくれるとは、さすが太っ腹ですなぁ。

本人のコメント、「打ったのはストレート。初球から積極的に打ちにいくことを決めて打席に入りました。1・2・3でいきました」。。。彼らしい。

朗報は川端慎吾選手に一本出たところ。

川端慎吾

中々1本が出ませんでしたが、これからは上向いてくれるだろうと期待です。

前日の良い感じを続けることができず、なかなか上昇できません。

高橋奎二投手快投期待といったところです。

高橋奎二 VS 赤星優志

しかし、またしても初物とは。

読売ジャイアンツは赤星優志投手です。

ルーキーながら既に1勝。

2回登板していますが、いずれもクォリティスタートで、6回、7回と投げています。

コントロールも良いらしいので、打てるのか心配です。

勝って5割に戻したいところ。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年4月9

東京読売ジャイアンツ    3-2  東京ヤクルトスワローズ 東京ドーム
阪神タイガース      1-9    広島東洋カープ 甲子園
横浜DeNAベイスターズ  中止   中日ドラゴンズ 横浜スタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年4月9日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 14 10 4 0 .714 0.0
2 広島 14 9 4 1 .692 0.5
3 中日 12 6 6 0 .500 2.5
4 DeNA 10 5 5 0 .500 0.0
5 ヤクルト 13 6 7 0 .462 0.5
6 阪神 13 1 11 1 .083 4.5