オールスター2021 2日目はホーム選手が活躍の、意味深い試合 村上日産リーフをもらう

オールスター第二戦 楽天生命パーク宮城

ホームランダービーの2日目。

期待の村上宗隆選手登場でした。

ホームランダービー2日目の面々

ホームランダービー2日目の面々 出典NPB公式サイト

ペース配分を考えてか、軽く打っている感じでしたが、流石に飛ぶ距離は出ます。

村上ホームランダービー

いい感じでしたが吉田選手の上手さが少し勝り、残念ながら準決勝で敗退となりました。

平均打球速度で贈られる「日産リーフ賞」を獲得。

村上日産リーフ賞

並みいる競合を抑えての受賞は、日ごろからのスイングの早さで打球速度が早い事を実証した感じでした。

ホームランダービーでは、決して早くはないボールを打ち返すのですから、スイングスピードとパワーが重要です。

平均速度で157Km/h

確か最大で168Km/hの時があったように記憶をしています。。。やるもんですなぁ

日産リーフ賞

これは持っている才能の部分ですから、まぁ当然の結果とも思います。

まだ21歳でこれですから、何処まで行くのかなぁ。

試合は本拠地楽天勢の活躍が光りました。

震災から10年というところでの開催でしたので、ことさら意味深い感じがします。

本拠地の選手が活躍することは多いとは思いますが、ここまで筋書き通りに楽天勢が活躍すると盛り上がりようもひと際の感じです。

佐藤輝明選手、ルーキーでホームランですから期待通り。

期待された物を出せるところは非凡と感じました。

村上、山田選手は、あまりいいところはありませんでしたが、オリンピックに取っておいた?

オリンピックの予行演習か、栗原選手の4ポジションの守備がありました。

なかなかの演出と思います。

思い切って持ち味を見せる事も良いと思います。

これで多くの選手は約一か月の中断期間となります。

この変則的なスケジュールが再開後どう出るか。。。

言ってみれば再度の開幕ですからスタートが非常に重要となってきます。

前半調子の悪かったチームも立て直してくると思うので、気を引き締めて頑張って欲しいと思います。