田口移籍後初登板 順調な滑り出し。高梨4回1失点、高橋も2回無失点でアピール

3月6日 オープン戦 対広島

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
広島 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1 6 0
バッテリー
広島 大瀬良大地、九里亜蓮、塹江敦哉 – 會澤翼、磯村嘉孝
ヤクルト 田口麗斗、高梨裕稔、高橋奎二 – 西田明央、松本直樹

注目の田口麗斗投手が先発しました。

田口初陣20210306

移籍後初登板。

巨人在籍時を含め、今シーズンの実戦経験がありません

調整の進み具合が気になるところでしたが、まあ最初としては無難な(十分な)結果となりました。

この試合は最初と言う事もあり2イニングだけでした.

ローテーション投手としては、この時期は4-5イニングを投げますから、この先長いイニングでの確認が必要となります。

とはいえ、最初につまづくと開幕が迫っているだけにかなり厳しいことになりますが、まずは順調に一段階滑り出せたのでベンチも一安心と言ったところでしょうか。

一週間後位の次の登板で長いイニングで結果を出し、ローテーションを確実にしたいところです。

移籍効果といえるのか、石川雅規投手から助言を受け、プレートの踏む軸足の位置を1球ごとに変更する新スタイルを披露。

これは制球力が必要な技で、制球に自信のある田口投手なら習得可能かもしれません。

石川投手も技術を継承してくれたら嬉しいのではないかと思います。

高梨裕稔投手2番手高梨裕稔投手

4イニングとローテーションに向けてほぼ予定通り。

まだ制球に安定感がありませんが位置は固めた感じです。

田口投手が次回で結果が出せれば、小川、石川、スアレス、田口、高梨投手あたりがスタート時のローテーションとなりそうです。

残るは一枚。

高橋奎二投手ここまで、結果の出ていない高橋奎二投手が7回3番手で登板。

最後の切符を目指し最後の挑戦機会とも言える登板でした。

課題が解消した感じはありませんでしたが、とりあえず結果は何とか残せた感じです。

7回、2アウト1・3塁とピンチを招きましたが、代打の長野選手をサードゴロに仕留め、ピンチを脱し無得点に抑えました。

ピンチでは、焦って崩れることが多いのですが、今回はしのぎました。

続く8回は3者凡退に打ち取りアピール。

この先開幕までに安定感を何処まで示せるか踏ん張りどころです。

打線。

相変わらず好調な4、5番当確村上、内川選手。

この2名で6本のヒットの内4本を出しています。

また、途中出場の外野の一角を狙う濱田選手が良い結果を出してアピールが続いています。

さて、今日の先発は奥川恭伸投手

どのような投球になるのか楽しみです。