9/27 振り返り。吉田試合を作るも中継ぎ崩れて3連勝ならず

事情で一日遅れのブログとなりました。

9月27日を振り返ります。

ヤクルト・阪神の3戦目。

ヤクルトスワローズ  3-9  阪神タイガース

R H E
阪神 1 1 1 0 0 0 5 0 1 9 16 0
ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3 7 1

スタート、良い感じで逆転しましたが、徐々に詰められ、中継ぎが崩れ引き離され連勝は止まりました。

吉田大喜投手先発、吉田大喜投手

序盤変化球を打たれ失点しましたが、徐々に配球を変えていきました。

粘って6回3失点で、先発の役割は果しました。

これまでも、失点はしますが何とか粘るスタイルです。

ローテーションの3,4番目とも言える内容です。

ある意味 凄くは無いが何とか試合は作る。。。貴重とも。

長谷川宙輝投手継投一番手の、長谷川宙輝投手

制球が悪く狙い打たれ、一発警戒で四球。

変化球でかわしに掛かってタイムリーと、散々な結果でした。

僅差では心理面での経験不足が出る感じです。

今年の経験を糧に出来るか?

ステップアップ出来るかは来年が勝負かも知れません。

まだ若く、今年初めて一軍の試合を経験したのですから全くのルーキーです。

それを思うととても頑張っているとは思うのですが、まだまだ伸びる可能性が十分あり、このような経験を捨てずに生かして、成長の肥やしにして欲しいと願います。

今年期待の、外国人投手(イノーア、クック) 共に先発で結果が得られず、中継ぎに廻りましたが、共に今一。

何とか使い道を探そうとしていますが中々見つからずの状態。

結果が見えた感じです。

阪神、秋山拓巳投手

序盤は制球が甘く、余り良い出来ではありませんでした。

徐々に修正するあたりはさすがと言えます。

ヤクルトは、この手の制球勝負の投手に特に弱い感じです。

ボールに手を出す、見極めが甘い選手が多い為とも思えます。

9回裏、2アウトから坂口選手が四球で出塁しました。

田代将太郎選手代打起用の田代将太郎選手がタイムリー二塁打で1点を返す踏ん張りを見せました。

散々な試合かと思いましたが、そのまま流されず1点を返して終わったのは良かったと思います。

今夜の小川投手に期待ですね。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年9月27

東京ヤクルトスワローズ   3-9      阪神タイガース 神宮球場
読売ジャイアンツ      5-1   中日ドラゴンズ 東京ドーム
広島東洋カープ         1-3      横浜DaNAベイスターズ マツダスタジアム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする