さて メジャーは どうなる。メジャーリーグのポストシーズン対戦図を見ながら考えてみた。前田は?田中は?

今年は、終わってしまいましたので(ヤクルトは。。。)、メジャーリーグに目を向けてみます。

レギュラーシーズンも終わり、今年のポストシーズン。

進出チームが出そろいましたが、さてワールドチャンピオンはどうなるのでしょう。

出そろったポストシーズン進出チームを見てみましょう。

ポストシーズン、メジャーリーグ対戦図を作ってみました。

短期決戦ですから(と言っても11勝しなければいけない、一か月の長丁場)やはり投手力ですね。

ちょっとした事で形勢は変わりますが・・・

順当に行けば、ア・リーグがアストロズ、ナリーグがドジャースでワールドシリーズとなると思います。

力は互角ですが、やはりポストシーズンに絶対の強みを持つバーランダーを持つアストロズが一歩リードしていると思います。

ホームアドバンテージアストロズですからここも有利です。

今年、アストロズが107勝ドジャースが106勝ですから、1勝差でホームアドバンテージはアストロズ。

アストロズとドジャースの決戦になった場合、ドジャースはロサンゼルスからヒューストンまで移動を強いられます。

移動が大変で、絶対的にアストロズが優位かなぁ。

ドジャースは、なんと言っても、カーショー次第です。

今までポストシーズンは不出来ですからね。

中々「大変身」とは行かないものですが・・・今年は、変身できるかな。

都合よく変身できる、我が前田健太投手は、セットアッパーやクローザーの練習に余念がありません。

ロングリリーフもできるので、ポストシーズンには重要な存在です。

田中将大投手のヤンキースですが、確かに凄い打線ですが意外と超一流のピッチャーには弱くホームラン頼みの感が強いです。

打線も常に変動して(タレントが多すぎ?)、チームで攻撃と言うより個人まかせの感が強く非常に不安定。

また、投手も他のチームに比べ絶対の中心がいない。

セベリーノは間に合いましたが、何処まで行けるかは未知数です。

レギュラーシーズン最終シリーズは、レインジャーズに完敗して全体に調子が下降気味。

ツインズもヤンキースと同じように、ホームランがガンガン出るチームなので、

あっさりツインズに打ち負けそうな状態で不安材料だらけです。

さてどうなりますか?

今、ナショナルズが逆転をして、地区シリーズ進出が決定しました。

必死で戦って勝ちを手にしたナショナルズ!

次はドジャースと対戦ですが、ワシントンからロサンゼルスまで、大陸横断です。

アメリカ。。。広い