本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

またチャレンジャーに 最後まで戦う姿勢でシーズンを終わる

オスナ3ラン プロ野球・試合結果

10月30日  日本シリーズ2022第7戦  対  オリックス・バッファローズ

 

オリックスは強かった。

付け入るスキを与えずの試合でしたが、今まで手が出なかった山﨑颯一郎投手に一矢報いる攻撃ができ、敗戦を受け止めることができたのが救いでした。

 

10/30 東京ヤクルトスワローズ 対  オリックス・バファローズ 試合結果

R H E
ORIX 1 0 0 0 4 0 0 0 0 5 8 1
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 8 1


・オリックス
本塁打    太田椋 1号 ソロ(1回)

・ヤクルト本塁打     オスナ 2号 3ラン(8回)

バッテリー

ヤクルト サイスニード、大西広樹、田口麗斗、石山泰稚、清水昇 – 中村悠平
オリックス 宮城大弥、宇田川優希、山﨑颯一郎、H比嘉幹貴、Sワゲスパック – 伏見寅威、若月健矢
オスナ2号3ランで一点差に肉薄出典ヤクルト公式サイト20221030

オスナ2号3ランで一点差に肉薄 出典ヤクルト公式サイト

 

先発サイスニード投手

先発サイスニード投手

初回、行き成り先頭打者の太田選手にホームランを打たれてしまい、波乱の幕開けとなりました。

初回だけで安打3本、杉本選手への死球などで計7人の打者まで進み、もうこれで決まったか。。。

幸いなことに最小失点で切り抜けました。

それでも2回から4回まで3イニング連続で三者凡退と、これも逆に意外な展開。

ただ、中4日の宮城投手を打ち崩せず、打撃の援護がないままに5回に突入しました。

 

5回、とうとうつかまりました。

2死満塁のピンチで、吉田正選手に押し出し死球を与えてしまいます。

しかもあろうことかその後鉄壁ともいえる外野守備にエラーが出て、大量点が入ってしまいました。

大西投手が火消しをしましたが、投手王国オリックスが相手でしたから、完全に行方が決まったという感じがしました。

 

ただ、負けるにしてもこのまま終わらず、意地を見せてくれたのは良かった。

8回、塩見、丸山選手が連打で出塁しました。

今まで手も足も出なかった山﨑颯一郎投手からでしたから、久しぶりにテンションが上がりました。

 

村上宗隆選手。

村上タイムリー

やっとタイムリーが出て、1点を返すことができました。

 

その後、なんとオスナ選手が3ラン

オスナ3ラン

一気に1点差に迫りましたが、救援の比嘉投手に火消しをされ、9回裏も得点できず。

スタートから負けを覚悟していましたが、現実のものとなりました。

でも、まあ精一杯頑張ったと思います。

優勝でもなかった高津監督の目に涙が出て、こみ上げるものがあったのだろうと思います。

 

これで日本シリーズ連覇はならず、またしてもチャレンジャーになりました。

来季こそはと思いますが、まずはリーグで阪神を崩せるのか厳しい戦いと思います。

 

引退の嶋基宏選手が来季のバッテリーコーチとして正式に決まったようです。

嶋基宏

嶋選手に関しては、家族と一緒に住みたいと言う希望の様でしたから、てっきり退団して北に戻るのかと思っていました。

内山捕手はもとより、塩見選手や長岡選手なども頼りにしていたと思いますから、かなりの朗報です。

リーグ3連覇に向けて、大きな力になってくれると期待します。

 

さて、しばらく試合もなしで、ヒマ。。。

なんだか、憑き物が落ちた感覚です。

 

プロ野球 日本シリーズ 試合結果 2022年10月30日

東京ヤクルトスワローズ        4-5      オリックス・バファローズ 神宮球場

日本シリーズ 連覇ならず

選手、スタッフ、マスコットたち、パッションの皆さん、お疲れ様でした。

 

コメント