ヤクルト・ホームラン

プロ野球・ピッチャー

先発初陣の小澤を守るため、束になって襲い掛かった燕戦士の面目躍如

打線好調でどこからでも得点でき切れ目がありません。新戦力を模索する余裕もあり投打充実で隙なしです。加えてチーム全員「小澤を援護したい」の気持ちが入り無事目標達成。小澤投手プロ初勝利となりました。
プロ野球・ピッチャー

高梨不調で主導権を握れず 市川プロ一軍デビューもほろ苦い経験に

先発の乱調が響き主導権を最後まで取れず、オスナ選手9号や山田,山崎,塩見,長岡選手が軒並み2安打の奮闘も追いつかずの敗戦。プロ初登板の市川投手が打たれましたが牽制刺しや併殺で最少失点のデビューでした。
プロ野球・打線

原好投6勝目、山田先制15号から村上トドメ29号まで攻撃の手を緩めず広島を撃沈

先発原投手は持ち前の打たせて獲るピッチング。併殺や盗塁刺しなど最後の一本を出させません。山田選手本日はお目覚めモードで猛打賞。村神様は広島が好きと見え、未だに降臨中です。
プロ野球・打線

受け、攻め、詰め、押し出しの横綱相撲 村上27号で逆転し小川5勝目

「優勝でエネルギー使い果たしてボロボロ」が定番のヤクルトはどこに行ったのか。5連勝中の広島にも村神様降臨で隙を与えずの勝利です。それにしても全員が良く働きました。
プロ野球・ピッチャー

追いつ追われつの緊迫のTOKYOシリーズを最後に決め切ったのは村神様26号3ラン

先発スアレス投手大荒れで、継投に入ったのが本日付で支配下登録即一軍の小澤投手。無死満塁を無失点で切り抜け流れを変えました。その後のシーソーゲームを決めたのはやはり4番村上選手。26号で神降臨です。
プロ野球・ピッチャー

高橋粘投6勝目。苦手菅野を打ち崩しチーム先発全員の乱れ打ちで大勝利

両先発からは投手戦の予想でしたが、どっこい乱打戦になりました。中村想定外の2本塁打で主導権を握り、山田お目覚め猛打賞、村神様は神宮にも降臨中で2本、おまけに長岡3号と19安打16得点の大勝利でした。
プロ野球・ピッチャー

気が付けば完封の高梨快投、しっかり支えた村上・山田は2人で9打点

立ち上がりからの攻勢で前半で試合を決め、先発好投と最近の力の充実を見せた勝利。それにしても中日岡野投手は外れると押し出しとなる絶体絶命の場面で当たった相手が悪かった。気の毒としか言えません。
プロ野球・試合結果

連敗はせず 濱田決勝6号2ラン、中村5打点で中日を突き放す

秀樹と壮真には負けられないと心に秘めた濱田選手が一振りで均衡を崩しヤクルト優位に。この試合絶好調の中村選手がダメオシの2打点。守っては長岡選手の超ファインプレーが出て、中日打線を封じ込め勝利。
プロ野球・ピッチャー

小川9回1失点と最高の出来も報われず、田口延長戦でサヨナラを許す

両先発が絶好調で完全な投手戦になりました。両チーム一歩も引かず延長へ。ついに火消しの田口投手が打たれ、サヨナラを喫してしまいました。田口で負けたんならしゃーないで、意外に負けてもスッキリです。
プロ野球・ピッチャー

父の日神宮大花火大会 青木同点2号に始まり村上逆転20号とおまけ21号、塩見11号、濱田5号を打ち上げ石川勝利

負ける気配が微塵もなしの試合展開でした。父の日で親子連れの多い神宮球場はひっきりなしに打ちあがる花火に大歓声。石川ジイさんが奮闘し青木オジサン同点打、孝行息子たちが盛り上げた良い父の日でした。
タイトルとURLをコピーしました