プロ野球・ピッチャー一覧

打線踏ん張り逆転するも、石山踏ん張れずで再逆転され敗戦 来日初登板のサイスニードは沈没

期待のサニスニード投手の初登板は、制球・球威・変化球のキレが今一つ。母の日キャンペーンで感謝のカラーピンクの手袋をした村上選手が猛打賞の活躍でしたが、クローザー石山打たれサヨナラ負けでした。

ブラボーな引き分け! 奥川好投6回2失点、青木「らしさ全開の闘志」でタイムリー。投打がチームに光をもたらす

この先発投手難に救世主か、奥川投手が丁寧に強力阪神打線を抑えました。それに答えようと守備も踏ん張り、終盤青木選手の捨て身のタイムリー内野安打で引き分けに。チームに光が差した試合となりました。

奥川失速するも山田6,7号や川端の技術が光った決勝打で勝利。今野初勝利、清水初セーブと救援陣も充実

いくつもの「初」が出て良い試合展開で先勝しました。影の力だった今野投手が初勝利、ホールドタイトルの清水投手が初セーブ、新外国人もスタメン初参加、おまけにコリジョンルールの有り難くない体験まで。

山崎、元山の1‐2番が機能し最後は突き放す。盤石の救援陣と打撃の大技小技でカード2勝1分け

再三にわたり追いつかれましたが、最後は1-2番を核とした大技小技の繋がる攻撃で突き放しカード勝ち越しとなりました。投打の脇役それぞれが良い働きをしたチーム力での勝利は見ごたえがありました。

田口粘投。移籍後初勝利は故郷広島で実現。決勝打の川端、同点犠飛の中村が支えてヤクルト勝利!

天敵 森下投手を崩し、田口投手の初勝利となりました。調子が今一つながら圧巻の投球を続ける森下投手に、わずかな隙を付き、ミスを誘発し、少ないチャンスをものにしたヤクルト。見ごたえのある試合でした。

小川3回持たず降板の波乱。山田5号、青木、元山で追いかけるも敗戦。終盤警告で荒れた試合に

小川投手。やはりスライド登板は問題と感じた試合でした。予定登板のガンケル投手に抑えられ、後半追いかけるも追いつかずの敗戦です。連日の死球に最後は警告試合の言い渡し。後味の悪い試合となりました。

石川今季初先発。らしさ全開の好投で大山、佐藤、糸原、サンズ他三振に取るも、藤浪への1球に泣く。

今季初先発の石川投手。相手を手玉に取る老獪な球さばきは健在で三振やゴロ、フライのオンパレードでした。打線は藤浪投手の度を越した荒れ球にうまく対処できず沈黙。投打とも藤浪投手の独り舞台に終始しました。