本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

村上宗隆選手 ホームラン記録 2024

村上ホームラン2024アイキャッチ

2022年はついに史上最年少での三冠王の頂に昇った村上宗隆選手

しかし、2023年は思うように数字が伸びず、苦しいシーズンとなりました。

WBCでの、ここぞの活躍はありましたが、シーズン中は、チャンスで当たり前に打っていたバットから快音が消えるという、まさかの事態。

 

不調・不調不調とシーズン中はずっと言われてきましたが、成績を見ますと、打率 .256  打点 84  本塁打 31 で、本塁打数は、NPB2位、チームトップですし、打点数もNPB4位、チームトップ 

並の選手なら大きく褒められるところと思います。

本人が一番悔しかったと思いますが、これを糧にして心機一転。

2024年の活躍を信じています。

 

今年は年男の村神様が新年の誓いで次のように語ってくれました。

「勝ちに貢献できなかったところが一番悔しい。4番がしっかり打たないといけない。4番として、もう一度優勝できるように頑張りたい」

「もちろんキャリアハイを目指します。全てにおいて素晴らしい成績を残したいですし、ホームランも(ヤクルト・バレンティンが2013年に放ったプロ野球記録の)60本、61本を打ちたい」

引用サンスポ

 

というわけで、今季も是非ともホームランの記録をしていきたい!

忙しく加筆したいなぁと願っています。

 

村上選手の現在のホームラン数

2024年シーズン、村上宗隆選手の現在のホームランは、

4月14日に横浜DeNAベイスターズ戦で1回表に打った1号です。

1号の記録は、以下になります。

打った投手 大貫普一(右投)
打った球種 外角よりの143㎞ストレート
打った方向 バックスクリーン左
ホームランによる打点
試合の勝敗 勝利 勝利投手ヤフーレ

 

2024年 村上宗隆選手ホームラン 1号~5号

2024年 1号

4月14日 対横浜DeNAベイスターズ 横浜スタジアム 1回表

村上1号ソロ

村上1号ソロ 2024/04/14

 

長いトンネルでした。

開幕して54打席目でやっと出たホームラン

ファンが首を長くして待ちわびたホームランは、バックスクリーンの左端を直撃しました。

 

打った投手 大貫普一(右投)
打った球種 外角よりの143㎞ストレート
打った方向 バックスクリーン左
ホームランによる打点
試合の勝敗 勝利 勝利投手ヤフーレ

 

「良い角度であがってくれました。先制することが出来て良かったです」

 

初回先制ソロを放つ村上出典スポニチ撮影・木村揚輔

初回先制ソロを放つ村上 出典スポニチ撮影・木村揚輔2024/04/14

 

前日の試合から2番で出ています。

プロになって初めての2番起用でしたが、打点や本塁打が出ないことでの気分転換の意味での打順変更だったようです。

それが功を奏して前日13日に初打点、14日には初本塁打と続いて結果が出ました。

これを機に、村上選手らしい活躍を見せてほしいと思います。

 

 

番外編 2024年オープン戦 村上選手ホームラン

2024年 オープン戦 1号

3月3日 対中日ドラゴンズ バンテリンドーム 1回表

村上オープン戦1号

 

オープン戦の1号が出ました。

広いバンテリンドームを庭のようにポンポン打ちまくる村上選手の面目躍如です。

 

打った投手 小笠原慎之介(左投)
打った球種 内角低めの144㎞ストレート
打った方向 右中間席
ホームランによる打点 2  走者中村悠平
試合の勝敗 引き分け

 

「しっかり打つことができてよかった。開幕でやる相手ですし、いいイメージを持っていければ」

 

村上オープン戦号2ラン出典ヤクルト公式サイト20240303

 

打った瞬間スタンドに入ると確信できるホームランでした。

久しぶりに見た、村上選手らしいホームランで、スピード、角度共に「スカッとする」飛び方をしました。

 

初回のホームランで、空気が変わり、1発の威力を知ることとなりました。

この試合では山田哲人選手にも1号が出て、早くもアベック砲炸裂となりました。

 

2024年 オープン戦2号

3月17日 対オリックスバファローズ 神宮球場 6回裏

村上オープン戦2号

 

オープン戦の2号が出ました。

打った瞬間確信できる特大ホームランは、右中間席最上段に着弾。

あわや場外かと思われるほどの弧を描いていきました。

 

打った投手 齊藤響介(右投)
打った球種 外角高めの149kmストレート
打った方向 右中間席上段
ホームランによる打点 2  走者西川遥輝
試合の勝敗 勝利 勝利投手ヤフーレ

 

「追い込まれていましたが良いカタチで打つことができました」

 

村上オープン戦2号出典日刊スポーツ撮影・垰建太20240317

村上オープン戦2号での確信歩き 出典日刊スポーツ撮影・垰建太2024/03/17

 

村神様降臨を感じさせる一発。

1点差に詰め寄られていましたが、この一発で引き離し、球場の雰囲気ががらりと変わりました。

 

この試合では初回、1番打者で打席に入った山田哲人選手にいきなりの2号が出て、早くもアベック砲2度目の炸裂となりました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました